マサチューセッツ州立大学MBAとは

米国マサチューセッツ州のボストンに本部を有する州立大学組織 「マサチューセッツ大学(the University of Massachusetts)」。
略称UMass(ユーマス)と呼ばれるこの大学は、全米において大変有名な大学です。

「マサチューセッツ大学ローウェル校」は、この「マサチューセッツ大学(UMass)」の5つのキャンパスのうちの一つ。
100年以上の長い歴史を持ち、実践を重視する教育方針により、数々の活躍する卒業生 を輩出してきました。


『世界一の経済大国アメリカ』を支える『世界一の大学教育』

世界大学ランキングに占める各国占有率

アメリカ全体の大学教育レベルの高さは世界一です。

前述のイギリス誌『Times Higher Education 世界大学ランキング』においても、TOP100位中、日本の大学が「東京大学」と「京都大学」の2校だけであるのに対し、 アメリカの大学はなんと、TOP100位中51校も占めるのです。

世界大学ランキング上で、アメリカ:日本=25:1という占有率の差。ここから世界の人々の 日本の大学とアメリカの大学に対する評価の差を知ることができます。

『Financial Times誌』や『Economist誌』の発表する世界MBAランキングでも、TOP100のうちアメリカのMBAの占有率が、ほぼ50%。日本のMBAのランクインは『Economist誌』のランキングに1校のみという現実があります。

このように、アメリカに世界からトップクラスの知能が集まり、高度な研究や教育が産学共に行われることで、進化するビジネス環境に負けない『世界一の経済大国』を作っているのです。

 

 

マサチューセッツ大学 ローウェル校(UMass Lowell)とは

ハーバード大学や、MITなどを有する「学生の街」ボストン。
数々の名門校がひしめくこのボストン周辺の教育水準は、紛れもなく世界トップクラスです。

マサチューセッツ大学ローウェル校は、UMassの5つのキャンパスのうちの1つであり、『UMass Lowell(ユーマス ローウェル)』の愛称で親しまれています。 ボストン近郊にある本場のMBAが学べる大学です。
UMass Lowell校は、UMass組織全体の中でもエリート校であるUMass Amherst校についで評価が高く、加速度的に成長している大学です。

 

年間入学者数300名を超えるUMass Lowellのビジネススクール

UMASSの校舎

MBAプログラムの舞台、マサチューセッツ大学ローウェル校『MANNING SCHOOL OF BUSINESS(マニング・スクール・オブ・ビジネス)』は、1971年からMBAプログラムを提供し、90年代中盤から、遠隔教育によるMBAプログラムを確立してきました。世界中から多国籍な学生が集まる、Diversityに溢れた大規模なビジネススクールです。

 

MBAプログラムが世界で認められるには「AACSB認証」が必要

世界一のビジネススクール国際認証『AACSB認証』取得

本物のMBAの証、AACSB認証。MBAの歴史は19世紀末のアメリカからスタートしました。20世紀に入り、MBAが注目されビジネススクールが増える中で、その品質を担保するための認証機関「AACSB(Association to Advance Collegiate Schools of Business)International」が設立されました。

AACSB Internationalにより与えられるAACSB国際認証。それは、いわばアメリカを発祥とする『本物のMBA』の証。数百項目におよぶ厳しい審査基準をクリアしたスクールだけがこの認証を取得・維持できるのです。

マサチューセッツ大学MBAプログラムは、オンラインでありながら、このAACSB認証を受けているプログラム。正式な認証を受けた、アメリカの本場のMBAを取得できるのです。

 

取得できているビジネススクールは、世界でわずか5%

数多くのビジネススクールが存在する中で、AACSBの認証を取得できているスクールは、世界全体のビジネススクールの中で約5%しかありません。

日本国内のビジネススクールで、このAACSB認証を取得しているスクールは、わずか3校しかないのが現状です。(2016年11月現在)

米国では日本でいう文部科学省による認可といった制度がないため、1916年外部評価機関(AACSB)による認証制度が設けられました。AACSBによる認証は、そのビジネススクールが世界水準の教育実績を持つことを意味しています。

日本でも優秀な学生が集まっていることが、UMassの高学歴の証明

 出身大学は、1位 早稲田大学、2位 慶應義塾大学、3位 明治大学、4位 日本大学、5位 東京大学

入学者の出身大学は、人数順に、1位:早稲田大学、2 位:慶応義塾大学、と続きます。また、海外の大学に留学された方が約10%ほどを占めています。

本場米国のMBAであること、AACSB認証であること、そして国内外から一流の学生が集うコミュニティであること。本気で本場米国MBAを目指す方のための舞台がここにあります。

業種別構成

MBA 業種別構成学生のバックグランドは多種多様です。同級生が履修中の科目のスペシャリストであることもしばしば。共に学ぶ過程で、多様な業界で培われた知見も体得してください。

年齢構成

MBA 年齢構成ご入学時点における学生の平均年齢は、37.2 歳。但し、20代から50 代までバランス良く学ばれているのが特徴です。若手のシャープな視点と、ベテランの経験値を共有出来るのがUMass MBAの魅力です。

男女構成

MBA 男女構成国内MBAに比べて女性比率が高いのもUMass MBAの大きな特徴です。女性の社会進出が盛んになる中、女性ならではの意見に多く触れる事で、ビジネスの幅も広がります。

出身学部

MBA 出身学部3 人に1 人は「理系」ご出身。「文系」でも、経営知識をバックグランドに持つ方は少数です。互いの得意分野を教え合うことで、新たな学びが生まれます。

お住まい

MBA受講生 お住まいUMass MBAの学生(基礎課程)は日本中に居ます。また海外からの学ばれる方も珍しくありません。オンラインだからこそ教室に通わなくてもいい、急な出張や転勤があっても学びが中断しない、これがUMass MBAの強みです。

TOEICスコア

TOEICスコア「英語力に不安があるのですが・・・」とおっしゃる方は多いです。しかし日本語サポート教材や、英語スキルサポートなどを活用することで、十分授業についていけ
ます。むしろMBAを通じて、ビジネスで通用する英語力が身につきます。

MBA無料説明会を予約する  MBA資料を取寄せる(無料)