地方・海外にお住まいの方へ

マサチューセッツ大学MBAプログラムは完全オンライン。
地方・海外からも無理なく受講いただけます。

マサチューセッツ大学MBAプログラムは完全オンラインMBA。そのため地方・海外からのご受講も可能です。
すでに多くの方が、海外は20か国以上、日本は30以上の都道府県から受講されております。

マサチューセッツ大学MBAプログラムは、海外で活躍できるミドル・マネジメント層の養成を目的としたもので、世界中どこにいながらでも本場米国の州立大学MBA(経営学修士号)が取得できるオンラインMBAプログラムです。オンラインMBAでありながら、現地通学者の学位と同じ学位が取得できます。

日本語で経営学の基礎を学んだ後、米国人を中心とする多国籍クラスにオンライン上で合流する体系になっており、グローバル人材としてのビジネススキルを無理なく身に付けることができます。

世界一のビジネススクール国際認証「AACSB認証」取得。

 

本物のMBAの証、AACSB認証。世界が選ぶ米国MBAであることに加え、国際認証「AACSB認証」を得ています。AACSB認証を得ているビジネススクールは世界全体のMBAでも5%未満に過ぎません。

数百項目におよぶ厳しい審査基準をクリアーしたスクールだけが、この認証を取得・維持できます。単に米国のMBAというだけでなく、グローバルスタンダードでも一流のMBAである、それがUMass MBAです。

 

 

いつでもどこでも取り組めるオンラインMBA。

マサチューセッツ大学MBAプログラムの講義は、オンラインでいつでもどこでも視聴いただけます。時間的、地理的制約がほとんどありませんので、出張や転勤などで受講地が変わっても問題ありません。

また、リアルタイムの講義視聴による出席点の管理などもおこないませんので、時差のある海外在住の方々でもご自身の生活リズムに合わせて履修いただけます。なお、オンライン受講のみで現地通学者と同じ学位を取得いただけます。

ディスカッションボードと呼ばれるオンライン掲示板形式のディスカッションでは、各自がじっくり他のメンバーの投稿内容を熟読して、そのうえで自身の意見をしっかり組み立てて投稿することができるため、声の大きさや英会話の運用能力によらない、フェアなディスカッションが展開されます。また、投稿にあたって検討時間が十分設けられるため、議論が成熟しやすいといった特徴もあります。

取得期間は最短で約2年。

海外MBAを目指すときにハードルとなる「TOEFL」と「GMAT」。海外MBAの入学条件としてのTOEFL・GMAT必要スコアを出すまでの期間は、一般に『約2年』と言われます。これは大変長い期間であり、MBA取得が遅れてしまう、あるいは断念せざるをえない原因になります。

マサチューセッツ大学MBAプログラムでは、時間ロスの原因であるTOEFL・GMATを入学条件に求めず、日本でなじみのある「TOEIC」の700点を英語条件としました。これにより、TOEFLやGMATの準備期間なく、すぐに米国MBAのカリキュラムをスタートできるのです。

もちろんTOEIC700点で、「十分」ということではありません。入学後、基礎課程のカリキュラムに取り組む中で、上級課程のMBA英語についていける力を養成していきます。

x

アメリカの州立大学だから、学費は私立大学の約3分の1程度。

米国私立大学のAACSB認証MBAプログラムは、通常、入学から卒業まで1000万円以上の学費(滞在費込)が必要です。

それに対して、マサチューセッツ大学MBAプログラムでは、入学から卒業までの学費が、トータルで約290万円(※一括納入方式かつ再履修なしの場合。教科書代除く。)となっており、この学費で最大5年間在籍・履修できます。

日本において、国立大学と私立大学の学費が違う以上に、アメリカでは州立大学と私立大学の学費の差は非常に大きいのです。マサチューセッツ大学はマサチューセッツの伝統ある州立大学。州から多額の助成金を受けています。
それにより、高品質なMBAを、リーズナブルな金額で提供することができるのです。

資料のご請求はこちら(無料)

個別カウンセリングのご予約はこちら(無料)

卒業生インタビュー「インターネットだけでもコミュニケ―ションがしっかり取れる」

-なぜマサチューセッツ大学MBAを選びましたか?

まず、オンラインで取れるというのが大きい理由です。留学しなくてもいい。2年間キャリアを止めて、貯金して米国に行くというのはかなりリスキーです。費用もかかります。その点、日本で働きながらだったらなんとかなります

また、マサチューセッツ州立大学の立地がボストン周辺にあるという点も重視しました。ハーバード大学もMITもあります。

マサチューセッツ州は教育人員に力を入れている州だと思いますし、そこでのクロスカルチャーも生まれてはいると考え、すごくいいんじゃないかなと思いました。AACSB認証についても、ないとMBAって言わないという気はします。

-MBA学習を仕事やプライベートと、どう両立させましたか?

オンラインのMBAを通して、インターネットだけでもコミュニケ―ションがしっかり取れるというところにビックリしました。スカイプやグーグルハングアウトなど、ツールは充実しているので、時差さえ気にしなければすぐ、海外とチャットができるし、直接会ってないのに会ったかような仲にもなれます。

受講当時大阪に住んでいたのですが、東京の方と毎日のようにチャットしました。卒業してから対面したのですが、昔からの友達のように打ち解けることができ、なんとも不思議な感覚でした。

 

卒業生インタビュー記事の全文はこちら

オンラインだからこそ、全国から、世界から。

UMass MBAの学生は日本中、世界中に居ます。教室に通わなくてもいい、急な出張や転勤があっても学びが中断しない、これがUMass MBAの強みです。

【国内】

北海道 秋田 宮城 岩手 福島 東京 神奈川 千葉 埼玉 茨城 群馬 栃木 愛知 静岡 長野 山梨 富山 大阪 兵庫 京都 奈良 滋賀 三重 和歌山 広島 岡山 山口 愛媛 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

【海外】

アメリカ カナダ メキシコ コスタリカ ドイツ スイス イギリス オランダ ベルギー 中国 香港 台湾 フィリピン 韓国 ベトナム マレーシア シンガポール インド バングラデシュ タイ オーストラリア サウジアラビア チリ ペルー ケニア コートジボワール

よくある質問


不要です。TOEICスコア(700点以上)のみ必要です。


入学可能です。「TOEIC700点」は上級課程に進学する際に必要となります。ご入学時(基礎課程のスタート時)には不要です。
※ただし、基礎課程の開講までに受験されることを強くお勧めいたします。基礎課程がスタートすると、TOEICを受験する時間を確保するのが難しくなるためです。


英語力向上のためのプレ講座、オプションをご利用いただけます。
基礎課程は日本語中心の講義ですが、課題は英語です。英語力に不安がある方のために、アビタスでは、プレ講座「アカデミック・ライティング(無料)」と「英語スキルサポート(有料オプション)」をご用意しています。ご利用いただくことで基礎課程の課題をこなすライティング力を後押しするとともに、上級課程で求められる英語力の下地をつくります。


・実務経験が8年に到達するのを待つ
・GMATのスコアを準備する
のいずれかを満たせば上級課程に進めます。


「休学制度」はありませんが、追加費用無しで5年間在籍できます。5年間の中で何も履修しない期間があってもかまいませんし、次の期に履修される場合にも追加費用は発生しません。(ただし、在籍期間が5年を超えることはできません)

資料のご請求はこちら(無料)

個別カウンセリングのご予約はこちら(無料)

MBA無料説明会を予約する  MBA資料を取寄せる(無料)