1/26(日)開催!!特別講演会「SDGs(持続可能な開発目標)、卒業生と講師が徹底討論」

人類の英知を結集して持続可能な世界へ―。ファイナンス専門のUMass MBA講師と、監査法人、NPO法人、医薬品メーカーに、勤務する卒業生3名が、それぞれの専門領域から、「SDGs(持続可能な開発目標)」について議論します。SDGsのカギは何か、どこに着目するのか、MBA的アプローチから探ります。

アジェンダ:

1.今なぜSDGsが熱いのか
2.SDGsの視点からみるポスト金融資本主義
3.SDGsの取り組み〜企業とNGOの連携〜
4.SDGsと企業の情報開示
5.まとめ

◆パネリスト紹介:

第10期卒業生:倉田剛(くらた・たけし)
大手監査法人にて会計監査、アドバイザリー業務に従事。
グローバルマーケット業務も兼務することとなり、戦略・マーケティング領域における英語でのコミュニケーション力を強化するためにUMass MBAに入学。
MBAでの気付きから、所属組織で大学生、高校生向けのビジネス教育を立ち上げ、活動の幅を広げている。

 

 

第6期卒業生:及川有希子(おいかわ・ゆきこ)
UMass MBA開始時は日系精密機器メーカーで販社の営業統括を担当。
MBAと開発経済学を学び、現在は児童労働問題に取り組むNPO法人に転職し、ソーシャルビジネス推進事業を担当。

 

 

 

第6期卒業生:齋藤友宏(さいとう・ともひろ)
MBA進学時には内資系医薬品メーカーの労働組合役員として、会社の経営施策や業界動向等について、所属企業の経営陣と協議する立場にあった。
経営陣と協議するなかで、自分には経営的視点が欠けていることを実感。それがMBA取得のきっかけとなった。
現在は広報・IR担当として、MBAで学んだことを実務に活かすべく実践している。

 

 

講師:椎名則夫(しいな・のりお)
早稲田大学政治経済学部政治学科卒業、シカゴ大学MBA。
都市銀行にて法人融資と証券投資に携わった後、外資系資産運用会社にて証券アナリストとして多業種の投資調査を行う。
担当科目:ビジネス財務分析 Business Financial Analysis

 

 

 

お席には限りがございます!お早めにご予約をお願いします。

ご予約はこちら

【アビタス八重洲校】特別講演会
「SDGs(持続可能な開発目標)、卒業生と講師が徹底討論」 詳細

日時

2020年1月26日()16:00~18:00

会場

アビタス 八重洲校
〒103-0027
東京都中央区日本橋3-6-2 日本橋フロント4階
地図はこちら

参加費

無料

参加対象

以下のいずれかに該当する方

  • MBA受講を検討中の方
  • ビジネス視点からSDGsに興味をお持ちの方

 

お席には限りがございます!お早めにご予約をお願いします。

ご予約はこちら

MBA無料説明会を予約する  MBA資料を取寄せる(無料)