» » » 齋藤浩史 / Saito Hiroshi

 MBA講師 齋藤 浩史

齋藤浩史 / Saito Hiroshi  株式会社グローバルアップライズコンサルティング 代表取締役社長

齋藤浩史 / Saito Hiroshi上智大学博士課程。バーミンガム大学MBA取得。

ゴールドマン・サックスやその他国内外の投資銀行で海外案件に長年取り組む。

オールアバウト「ビジネス英語ライティング」専門ガイド。また、都内大学等にて金融マクロ・ミクロ経済を教える。

齋藤講師のインタビュー記事はこちら

「海外MBAを通じて、相手の文化をリスペクトしつつ、自らに誇りを持って仕事ができるようになった」

担当体験講義

人・組織を動かす方法をつかむ

「組織行動論」Organizational Behavior

「組織行動論」とは、心理学や交渉学などの研究をベースに「人を動かす方法論」をまとめたもので、リーダーとして組織を動かして成果を上げたい人には必須のスキルです。「聞き手の気持ちを動かす」コミュニケーションを切り口にして組織行動論の全体像を概観していきましょう。

実践的ビジネス英語で思考を鍛錬

「クリティカル・ライティング」 Critical writing

情報過多な世の中では、ネイティブだけでなくノンネイティブにもわかってもらえる英語をいかに作るかがグローバル人材に必要なエッセンス。
参加者との対話を通じてビジネスパーソンに必要な、相手に伝わる英語力・記述法を伝授します。

英語でグループ討議し模擬起業

「アントレプレナーシップ」 Entrepreneurship

「起業家精神」を身につけることこそ、MBAの醍醐味。講師や他の参加者と英語でディスカッションし、 模造紙やポストイットを使用して、ワークショップ形式でビジネスプランの構築を目指します。

イノベーションを生む思考を体感

「デザイン・シンキング」 Design thinking

デザイン思考は、スタンフォード大学から発信され、イノベーション発想法として、現在グローバルレベルで知られています。
潜在ユーザへの共感、観察、情報収集を通じ、彼らが将来的に何が欲しいのか本人たちも気づいていないニーズを探っていく”人間中心の問題解決プロセス”を実施していきます。

ビジネスピッチの成功の秘けつ

「MBA流 英語プレゼンテーション」 MBA-style English presentation

MBAは取得が目的ではなく、取得後いかにアウトプットするかが大事です。
英語も同じく情報をアウトプットできなければ成果にはなりません。
ノンネイティブが勘違いしやすい英語に気づいてもらい、伝わる英語プレゼンとは何か?をMBA流に学習していきます。

MBA無料説明会を予約する  MBA資料を取寄せる(無料)